電気を使わない家庭用生ゴミ処理機 (株)エコ・クリーン

コンテンツ


ホームページ»  カエルシリーズ使い方マニュアル

カエルシリーズの使い方マニュアル

  自然にカエルS
基本セット
ル・カエル
基本セット
生ごみ0トライアルキット-W
基本セット
エコガエル
基本セット
使いはじめの準備
チップ材をセットします
どのようにセットするの? 処理機内にチップ材を直接入れます
まず容器内に巾着袋を入れて広げてから、巾着袋の中にチップ材を入れます
     
巾着袋にチップ材を入れる理由は? チップ材が容器からこぼれたりしないように、また 取り扱いがしやすいためです
セットする量は? 8L入りの袋を2袋開封して入れます 10L入りの袋を1袋開封して入れます 8L入りの袋を1袋開封して入れます 10L入りの袋を1袋開封して入れます
予備のチップ材は入ってる? 入っていないので、チップ材の交換時期に購入の必要があります 入っているので、安心してチップ材の交換作業ができます
チップ材を入れ終わったら、全体が馴染むように良くかき混ぜます
かき混ぜる理由は? チップ材の中に空気を取り入れ、微生物を活性化させるためです
水を少量加え、さらに全体が馴染むように良くかき混ぜます
加える水の量は? 500mlのペットボトルで1本分の水を混ぜながら少しずつ加えていきます 500mlのペットボトルで約半分 (250ml位)の水を混ぜながら少しずつ加えていきます
水を入れる理由は? チップ材の中に水を入れることで、微生物をより活性化させるためです
生ごみを投入しはじめるまで
チップ材のセットが完了してから24時間は、かきまぜだけを行い、空気を充分に入れます
 (かき混ぜは数時間おきに、4~5回に分けて行ってください)
生ごみを投入してもいいのは? 24時間が経過したらいつでもかまいません
はじめから決められた量を入れていい? 使いはじめから一週間ぐらいは、決められたゴミの量の半分程度を入れて慣らし運転をします
通常に使用しはじめるタイミング
使い始めから一週間が経過したら、決められた量の生ごみを投入してもかまいません
生ごみを投入するときの注意点は? ・細かく切ると分解がスムーズです
・水分を良く切ることが大切です
・決められた量より多く入れたら、次に入れる時に調整します
・人が口にできる物だけを入れるようにします
・ハエは、ゴミに卵を産みつける習性があります、発生したゴミはすばやく処理機に入れるように習慣づけします
通常使用している間に注意すること
毎日よくかきまぜます 生ごみを投入しない日でも、かきまぜだけはしっかりしましょう
通常使用しはじめてから、そのまま使用できる期間は? 決められた方法で4~5ヶ月間毎日処理できます 決められた方法で3~4ヶ月間毎日処理できます
日頃気をつけることは? ・減量がスムーズに行われているか、チップ材の状態(水分の量)を注意して観察する
・チップ材が乾燥気味のときは、適量の水分補給をします(使用しはじめの状態を基準に)
・チップ材が湿ったりベタベタの状態のときは、日光浴させるなどして水分を発散させます
旅行などで留守をする時の対処方法は? 出掛ける2~3日前から生ゴミの投入を控え、かきまぜのみを多くしてから出かけます
チップ材が湿ったらどうなる? ・生ゴミの分解が遅くなったり、停止したりします
・かき混ぜが重くなってきます
・臭いの発生につながりやすくなります
・害虫(ハエなど)の発生につながり易くなります
湿ったチップ材の改善方法は? ・チップ材を日光浴させ水分を少なくします(→参照
・新しいチップ材を入れて水分を薄めます
・新しいチップ材と交換し、巾着袋に取出したチップ材は保管しておきます
・畑などに入れて堆肥として使います
チップ材を交換するタイミング
チップ材を交換します
チップ材交換の時期は? 通常使用しはじめてから後、4~5ヶ月に一回 通常使用しはじめてから後、3~4ヶ月に一回
交換用チップ材は何を購入すればいい? 自然にカエルS

交換用チップ材 エコパワーチップ 8W (ECS-121)
(8L×2袋入)
ル・カエル

交換用チップ材 エコパワーチップ10S(ECS-126)
(10L×1袋入)
生ごみ0トライアルキット-W
交換用チップ材 エコパワーチップ8S(ECS-124)
(8L×1袋入)
エコガエル

交換用チップ材 エコパワーチップ10S(ECS-126)
(10L×1袋入)
標準価格は? 5,184円(税込) 3,240円(税込) 2,592円(税込) 3,240円(税込)
ショッピングページへ 自然にカエルS
(SKS-101型)
基本セット
ル・カエル
(SKS-110型)
基本セット
生ごみ0トライアルキット-W
(SKS-280型)
基本セット
エコガエル
(SKS-130型)
基本セット
通常は、上記の繰り返しを行い生ゴミの減量を行います。
その他 情報
取り出したチップ材の保管について 直射日光のあたらない、風通しの良い場所で保管します。
取り出したチップ材の利用方法について 取出したチップ材は、次回に再利用ができますので、大切に保管しておき次回の交換時に使うととても経済的です。 (3~4回は再利用しても大丈夫です)
取出したチップ材は、畑や鉢植えなどの堆肥として使用できます。