電気を使わない家庭用生ゴミ処理機 (株)エコ・クリーン

ル・カエル(SKS-110型)

ホームページ»  商品案内:ル・カエル

やさしいコンポスト容器 ル・カエル

 

抜群の通気構造でチップ材の働きを最大限に引き出す



「ル・カエル」は好気性(酸素を好む)微生物群のチカラで生ごみを有機分解して減量するコンポストタイプの生ごみ処理器です。
生ごみを分解する働きのあるエコパワーチップは空気を好み、水分が多すぎると活動が弱まる性質があります。
「ル・カエル」では、チップ材を入れる不織布性の巾着袋と本体内部のリブ構造によって、抜群の通気性を実現。




 

生ごみのイヤなニオイはしません。

使用するエコパワーチップは「好気性」で「低温でも充分な働き」をするので、通常のバイオ式(嫌気性で高温の分解)と違い、生ごみの嫌なニオイが出ません。
これは、生ごみが低温で有機分解され、発酵臭(腐敗臭)を発生しないためです。
顔をチップ材に近づけると、森の土のような臭いがするだけなので、キッチンで清潔に使えます。料理や食事の後のゴミをすぐに投入できるので大変便利です。

1~3人家族の毎日出す生ごみの量(三角コーナーに約半量。およそ400gまで。)を毎日投入しても、チップ材が分解していくので容器の中身が増えていくことはありません


  

特製シャベルでかきまぜも清潔、らくらく

付属のかきまぜ用シャベルはカエルシリーズのために開発された特製シャベルです。
カエルシリーズで使う巾着袋のサイズに最適な持ち手の長さで、無理なく底のほうから確実にかきまぜができる設計です。
本体と同じ材質のポリプロピレン製で、へらの先が丸く巾着袋を内側から傷つけることなくじゅうぶんなかきまぜができます。




  

水分をよくきって生ごみを投入し、特製シャベルでよくかきまぜるだけ

不織布製の巾着袋付属でメンテナンス性ばつぐん

不織布製の巾着袋はそれ自体を取り出して、水分過多になったときに取り出して干したり、かきまぜだけでは行き届かない、底のほうのチップ材をほぐしたりといったメンテナンスがカンタン。

  

分解後は有機肥料になります

「自然にカエル」では、分解能力維持のために数ヶ月毎にチップ材の半量程度を交換します。
このとき取り出したチップ材は大変優良な有機肥料になり、園芸用の土に混ぜこんだり、花だんにまいたりして再利用できます。
肥料に利用しない場合は、燃えるごみとしても処理できます。

自治体の助成金について

お住まいの自治体によっては、生ごみ処理機購入の際に助成金を受けることができます。
詳細は、株式会社 日報が運営している下記のサイトでご確認ください。

 ↓クリックすると別ウィンドウで開きます。(外部リンク)
「全国自治体ごみリンク」http://www.nippo.co.jp/gmlink/