電気を使わない家庭用生ゴミ処理機 (株)エコ・クリーン

エコパワーチップ

ホームページ»  商品案内:エコパワーチップ

家庭で簡単に生ごみ減量「カエルシリーズ」
その不思議なパワーのヒミツ

「エコパワー」は、(有)エコ・クリーンの登録商標です。(商標登録 NO.4644757)




優秀な微生物群

「自然にカエル」シリーズが電気を使わずに、手動でかくはん(かきまぜ)するだけで毎日生ごみを分解処理できるのには、エコパワーチップの中の「優等生の微生物」にヒミツがあります。
電気を使う「バイオ式」生ごみ処理機も、生ごみを分解する基本的なしくみは同じです。
しかし、一般の処理機のバイオチップ材は40℃以上という「高温」でもっともよく活動するというものがほとんどです。このため、電気を使う生ごみ処理機で はこの温度を維持するためや、高温分解にどうしても発生する腐敗臭を除去したり、生ごみをかきまぜたりするために電力を必要とします。
これに比べて「エコパワーチップ」は、常温でしっかり能力を発揮するタイプの微生物です。
働きが活発になると若干温度が上がりますが、「自然にカエル」シリーズの空気をうまく取り入れるしくみの容器と組み合わせることで、最小限の手間で、電気をつかわないクリーンな生ごみ処理が実現されるのです。
 

エコパワーチップとEMぼかし菌との比較

  エコパワーチップとは EMぼかしとは
特長 好気性微生物群が中心で働きます。
分解が速い
嫌気性微生物群です。
分解が遅い
主な構成成分 酵素活性作用補助剤 (酵素を活性化する機能を持っている)に杉・松などのチップを混ぜ合わせたチップ材をいいます。 自然界に生息する微生物を集めて培養したEM菌に米ぬか、又は油粕などを入れ醗酵・乾燥させた粉をいいます。
使用方法 容器にエコパワーチップ材を入れ、1日2回位攪拌し、空気を取り入れる事が大切です。毎日生ゴミを投入しても容器の中のチップ材の量は殆ど増えていきません。 密封できる容器に生ゴミを入れ、粉を振り掛けて密封状態で容器の中で醗酵させます。
《醗酵時にガスが充満するので定期的にガス抜きが必要です。》
交換について 4~5ヶ月に一度 容器内のチップ材を半量取出し、新しいチップ材を半量注ぎ足して使います。 
⇒ 経済的です。
分解後 取り出した半量は、次に使うチップ材として再利用が可能です。
また、有機肥料としても使えます。
二週間位で臭いのしない土のような物ができます。取り出した物は肥料として使用できます。



特長まとめ

エコパワーチップ EMぼかし
・台所に設置しても、臭いは殆ど気になりません。
・毎日決められた量の生ゴミを投入しても、分解して水蒸気
 と炭酸ガスに変わる為、容器内のチップ材の量は殆ど増え
 ません。
・肉や魚類は分解がより早く行われます。
・容器の中で腐敗醗酵させるので、強烈な醗酵臭が出ます。
・容器内に醗酵の際のガスが溜まり、容器が膨らんでくる
 ので、時々蓋を開けてガス抜きが必要です。
・使った都度、必ず容器を洗う必要があります。
・肉や魚類は分解しにくく時間がかかります。



原材料について

エコパワーチップは、家庭用生ごみ処理機「カエルシリーズ」専用の「有効微生物群」含有のチップ材です。
微生物の菌床として、主におがくずが使われています。
このおがくずは主に三重県で生産・加工されている木材が利用されています。



商品紹介

カエルシリーズ各商品に最適化した交換用エコパワーチップをご用意しています。
※ 画像はそれぞれの商品にチップ材をセットしている様子です。
 


自然にカエルS 用

ル・カエル 用
生ごみ0トライアルキット-S
生ごみ0トライアルキット-W 用

エコガエル 用
エコパワーチップ-8W
(↑クリックでショップページへ)

[ ECS-121 ]
8L×2袋入
エコパワーチップ-10S
(↑クリックでショップページへ)

[ ECS-126 ]
10L×1袋入
エコパワーチップ-8S
(↑クリックでショップページへ)

[ ECS-124 ]
8L×1袋入
エコパワーチップ-10S
(↑クリックでショップページへ)

[ ECS-126 ]
10L×1袋入